eiju amplifier history

エイジュのアンプづくりはは1995年(22年ほど前)から始まりました。当時はカーオーディオ全盛時代でアメリカンオーディオが全盛期で、中でも表示値で何百ワットの出力を持つアンプが主流で、その逆を行くパワーも小さくエネルギーより情報量を目指すエイジュはどちらかと言うと見落とされがちのブランドでした。しかし、エイジュは『Hi-Fiユーザーは必ずいる』を信じこのコンセプトを踏襲し現在に至っております。

このコンセプトを再確認させていただきます。

  1. スピーカーの動的なインピーダンス変化に正確に追従することを目指した容量を持つ電源回路
  2. いたずらにパワーを持たせず 20Hz~25kHz までをflatな特性にすること。
  3. fffよりpppの静粛感を重点に置き、躍動感のある運動性を持たせること。

初代 OD-160.4

1998~2001

eiju 最初のhi-fi アンプ。当時は低域中心の市場の中で35~20KHzまでflatな特性。40×4ch 

y-60.2

アンプ製作のプライベートブランド安井章氏との共同開発アンプ。初段にFETを採用、完全なバランス増幅と格段独立電源を持つ、パワーは少さい(30W×2)が運動性が優れ、30wとは思えないダイナミックレンジを持つ 限定生産 30台

BEa-160.4

2002~2008 80.2(2ch)もあり 

ODからHEAT SINK 改良。左右独立vrを採用

Ea-2100

当時、eijuは海外で同じ指向性を持ったbrandとのjointを画策していました。これはpcbを海外ブランドを採用しこれをeijuがmodfyして筐体もオリジナル。シンプルな2chアンプ

BEa-36.2

アナログアンプの中で信号の絶対距離を可能な限り短くしたICアンプ。18W×2

 

BEp-sc (phase control amp)

タイムアライメントが流行り始めeijuなりに左右の位相差を研究し、デジタルではどうしても発生してしまう楽器の位置関係の矛盾と素材感に着目し、あえてアナログを採用したモデル。


CEa-80.2

40w×2 限定50台 2014~完売

2014年eijuアンプづくりの集大成の位置付けで開発したモデル。従来のただ容量の大きい電源を見直し電源の運動特性を研究し、新たに増幅段数も少なくシンプルにして、従来のeijuのノウハウを集約しました。『このままでは終われない』のコンセプトで開発したモデルです。実はこのモデルをもってアンプ開発を終了する予定でした。

CEa-100.4 millennium

25w×4 2017~

新製品

このモデル、サイズは100.4と同じコンパクトですが、4chとしてできるだけ小さいサイズで先の160.4の電源ノウハウを引き継ぎ、特に基音域の分解能・情報量を狙ったぐモデルです。もちろん160.4の電源とはサイズも異なりますが電源トランスpcb ともに新開発を採用し、このサイズに収める事に成功しました。従来このサイズでは感じられなかった空気感、色温度なども再現します。

CEa-100.4

25w×4 2015~完売

このモデルからeijuファンの皆様のリクエストが製品に色濃く反映されてくるようになりました。先の80.2の電源、増幅段の考え方を踏襲し小型でシンプル、使いやすいアンプとのリクエストで開発したモデルです。いわば素うどんのようなモデルです。その後これに種々のトッピングを加え発展させて行きます。

CEa-100.4/Ⅱ

CEa-160.4

40w×4 限定50台 2015~完売

このモデルはベースは80.2にあるのですが、4chアンプの場合以前から懸念していた電源の動特性、つまり音楽で右chがfffで左chがpppといった状況は考えにくく、4chのすべてがfffになった時の分解能力は今までのアンプづくりで懸念材料の一つでした。この為にmonoアンプも存在するわけですが、そこで今回eiju は電源のインピーダンスに着目し新しい電源トランスを採用しました。これは電源部に於いてトランスと蓄電容量を独自のバランスにすることで限りなくインピーダンスの上昇を抑えられ静粛性・ダイナミックレンジ双方の拡大に寄与しています。またこの新しい考え方が以降のmillenniumに生きています。