eiju amplifier history

エイジュのアンプづくりはは1995年(22年ほど前)から始まりました。当時はカーオーディオ全盛時代でアメリカンオーディオが全盛期で、中でも表示値で何百ワットの出力を持つアンプが主流で、その逆を行くパワーも小さくエネルギーより情報量を目指すエイジュはどちらかと言うと見落とされがちのブランドでした。しかし、エイジュは『Hi-Fiユーザーは必ずいる』を信じこのコンセプトを踏襲し現在に至っております。

このコンセプトを再確認させていただきます。

  1. スピーカーの動的なインピーダンス変化に正確に追従することを目指した容量を持つ電源回路
  2. いたずらにパワーを持たせず 20Hz~25kHz までをflatな特性にすること。
  3. fffよりpppの静粛感を重点に置き、躍動感のある運動性を持たせること。

初代 OD-160.4

1998~2001

eiju 最初のhi-fi アンプ。当時は低域中心の市場の中で35~20KHzまでflatな特性。40×4ch 

y-60.2

アンプ製作のプライベートブランド安井章氏との共同開発アンプ。初段にFETを採用、完全なバランス増幅と格段独立電源を持つ、パワーは少さい(30W×2)が運動性が優れ、30wとは思えないダイナミックレンジを持つ 限定生産 30台

BEa-160.4

2002~2008 80.2(2ch)もあり 

ODからHEAT SINK 改良。左右独立vrを採用

Ea-2100

当時、eijuは海外で同じ指向性を持ったbrandとのjointを画策していました。これはpcbを海外ブランドを採用しこれをeijuがmodfyして筐体もオリジナル。シンプルな2chアンプ

BEa-36.2

アナログアンプの中で信号の絶対距離を可能な限り短くしたICアンプ。18W×2

 

BEp-sc (phase control amp)

タイムアライメントが流行り始めeijuなりに左右の位相差を研究し、デジタルではどうしても発生してしまう楽器の位置関係の矛盾と素材感に着目し、あえてアナログを採用したモデル。


CEa-80.2

40w×2 限定50台 2014~完売

2014年eijuアンプづくりの集大成の位置付けで開発したモデル。従来のただ容量の大きい電源を見直し電源の運動特性を研究し、新たに増幅段数も少なくシンプルにして、従来のeijuのノウハウを集約しました。『このままでは終われない』のコンセプトで開発したモデルです。実はこのモデルをもってアンプ開発を終了する予定でした。

CEa-100.4 millennium

25w×4 2017~

新製品

このモデル、サイズは100.4と同じコンパクトですが、4chとしてできるだけ小さいサイズで先の160.4の電源ノウハウを引き継ぎ、特に基音域の分解能・情報量を狙ったぐモデルです。もちろん160.4の電源とはサイズも異なりますが電源トランスpcb ともに新開発を採用し、このサイズに収める事に成功しました。従来このサイズでは感じられなかった空気感、色温度なども再現します。

CEa-100.4

25w×4 2015~完売

このモデルからeijuファンの皆様のリクエストが製品に色濃く反映されてくるようになりました。先の80.2の電源、増幅段の考え方を踏襲し小型でシンプル、使いやすいアンプとのリクエストで開発したモデルです。いわば素うどんのようなモデルです。その後これに種々のトッピングを加え発展させて行きます。

CEa-100.4/Ⅱ

CEa-160.4

40w×4 限定50台 2015~完売

このモデルはベースは80.2にあるのですが、4chアンプの場合以前から懸念していた電源の動特性、つまり音楽で右chがfffで左chがpppといった状況は考えにくく、4chのすべてがfffになった時の分解能力は今までのアンプづくりで懸念材料の一つでした。この為にmonoアンプも存在するわけですが、そこで今回eiju は電源のインピーダンスに着目し新しい電源トランスを採用しました。これは電源部に於いてトランスと蓄電容量を独自のバランスにすることで限りなくインピーダンスの上昇を抑えられ静粛性・ダイナミックレンジ双方の拡大に寄与しています。またこの新しい考え方が以降のmillenniumに生きています。


最終章

Eiju Kawatani edition 

4ch  40w×4  予価 ¥880,000  

最大生産量 30

2ch  40w×2  予価 ¥640,000~ 

最大生産量 20

 受注開始予定 平成313

 

納入開始予定  同年9

 

私の製品開発も25年が経過し、そろそろ最終章に入ろうと考えております。そこで最後に私は予てより実現したかった企画『製品に人格を』にあえて挑戦します。個性が強く備わっている、開発者の志向が明確なほどお客様には解りやすいのではないかと思うのです。その提案こそが好き嫌いを含めたてお客様の選択肢の一つとなりえるのではないかと思うのです。

そこで今、私は『自身が目指すべき姿』の製品を具現化することを決意しました。自分の思う音楽観を存分に表現した物を作ってみたいと思っています。この様な唯我独尊な製品づくりなのでご賛同いただける方だけがご採用頂ければ幸い・・と思っております。

ここからは 少し私の音楽観をお伝えしたく思っています

私はクラシック音楽を中心に音作りをしていますが、今主流とされている音作りは何か大切なものを置き忘れてきている様な気がします。これは音楽を再生する上で大変重要な要素で、ヴォーカルのお腹から出る声、チューバとホルンのスロートの長さによる厚みの違い、スタインウェイの左手の和音の重厚さ、この様な聞き方をされないという方も多いと思いますが、もしそれらの音が自然に出れば誰もがもっと深い感動が得られるところと思います。音楽の演奏では楽譜を基準に演奏家・楽器・これらのすべてで『演奏者の曲に対する思い・解釈』が見えてきます。これは好き嫌いではなく演奏者によって盛り上げるポイントが違っていたり、テンポが全く違ったりで極端に言うと、曲想が異なった曲に聞こえてしまう事すらあります。私は自分の確認音源をBrucknerの第8交響曲をよく使うのですが深い祈りと懺悔との繰り返しの音楽、この本質を再現しようとすると、積み重なっていく和音、オーケストラが一つの楽器の様な調和とハーモニクスを持ってクレシェンドでfffを向かえるレンジ感・厚みにおいて私は自分のアンプで伝わるの?これが充分に再現できているのかいつも自問自答しております。今回このBrucknerは一つの例としてお話しましたが、今の巷の音は音楽を再生するには異なった方向に向かっている。この音では音楽の核心には到達しえないと思うからです。

これらが今回『私が目指す音』をテーマに最後ともいえる製品の開発に取り組んでいる背景です。しかし、これは先に申しましたがあくまでも私の唯我独尊の製品づくりとなります。しかしこれまでエイジュを信頼してご採用頂いた皆様方にエイジュはここを目指していたのかを明確にご理解いただければと思い開発を続けております。極端に言えば車の中でアナログプレーヤを使って出している音の様なくつろげる音楽空間を再現出来たらと思っています。現在一部の登録店様にはご協力を頂き感想をいただいています

ご興味をお持ちの方は小社登録店でご視聴頂ければ幸いと存じます。

 

また、最後になりますが、この製品は特に音質に係る部分がhand madeの為、少数の限定生産になろうかと思います。ご興味ある方は早めに小社登録店にお問い合わせください。